中小企業支援サイトB・PeP
メニューをスキップして本文へ
仙台市産業振興事業団

バックナンバーはこちら

産学連携セミナー「第63回寺子屋せんだい実施報告」

老舗のマーケティング

〜時代を越えて愛される秘密〜

 

◆日 時:平成22年11月4日(木)  18時30分〜20時30分

 

◆場 所: 講  演 : AER6階 セミナールーム1

               交流会 : AER7階 財団法人仙台市産業振興事業団会議室

 

◆講 師:宮城大学食産業学部フードビジネス学科 准教授 鶴岡 公幸 氏

       

 

 

まず、本日のコーディネーター宮城大学食産業学部フードビジネス学科 大久 長範 フェローから講師をご紹介いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いて鶴岡先生のご講演がスタート

 今回のテーマは「老舗のマーケティング 〜時代を越えて愛される秘密〜」です。

たくさんの老舗食品関連企業の事例を、実際に商品を見せていただいたりしながら楽しくご紹介いただきました。

以下講演の一部をご紹介します。

老舗企業のマーケティングには

・CMソングや包装紙等による継続的なイメージ戦略

・規模拡大よりも顧客満足度向上を重視

・チラシ等マス媒体による広告宣伝より口コミ、メディアによる取材による販売促進のウェイトが高い

などの特徴がある。

 既存の優良顧客を大事にする姿勢や既存製品の品質維持・改善へのこだわり、細部(包装紙、パッケージ、接客態度)へのこだわりなど、老舗企業の戦略には参考になる点も多い。

等々

 また、老舗の有名商品の場合、他社類似品が出回ることも多々あるとのこと。

 実際に、仙台の著名土産品の類似品を本物と見比べさせていただきましたが、本当にそっくりで皆さん驚いていました。

 しかし、商品のブランドイメージがしっかりしていれば、類似品の存在は大きな脅威にはならないとのこと。

 ものづくりにおけるブランド戦略の大切さを学びました。

 

 

 

 

 

 講演後は大久フェローの発声で、いつものように交流会がスタート

 講師と、あるいは参加者同士で、和やかな雰囲気の中、情報交換していただきました。

 今後も寺子屋せんだいでは、事業展開に役立つテーマ設定で開催して参りますので、どうぞふるってご参加いただきますようお願いいたします。

〒980−6107
仙台市青葉区中央一丁目3番1号AER7階
財団法人仙台市産業振興事業団

地域産業振興部 新事業推進課
TEL 022−724−1212

  FAX 022−715−8205
E-mail:shiencenter@siip.city.sendai.jp