産学連携セミナー「第74回寺子屋せんだい」実施報告
進化する航空機~紙ヒコーキから火星飛行機まで

会場の様子

 (会場の様子)

今回の寺子屋せんだいは「進化する航空機~紙ヒコーキから火星飛行機まで」というテーマで実施し、東北大学 浅井先生より、航空の歴史、現在取り組まれている火星に飛行機を飛ばすプロジェクト、東北と航空の関係などを中心にご講演頂きました。

概要

日時

平成24年10月19日(金) 18時00分~20時30分

場所

公益財団法人仙台市産業振興事業団 7階会議室

講師

東北大学大学院 工学研究科 航空宇宙工学専攻
教授 浅井 圭介 氏

セミナー内容の抜粋

浅井先生による講演の様子

(浅井先生による講演の様子)

・飛行機の研究に最初に取り組んだライト兄弟は風洞を作り、プロペラを開発し、自作でエンジンまで開発した。それを組み合わせ、飛行機を作り上げた。システム工学のはしりと言えることを行った。火星飛行機の開発も同様のアプローチで行われている。
・火星の調査は宇宙を知り、地球を知り、生命を知ることにつながる。また、火星には面白い地形もあり、「NARUKO」と名付けられているクレーターも存在する。
・風洞は飛行機の設計には欠かせない技術である。東北大学には火星飛行が模擬できる「火星大気風洞」がある.流体科学研究所の低乱風洞は共用施設として企業の方も利用できる。詳しいことはこちらから http://www.ifs.tohoku.ac.jp/windtunnel/index.html
・東北大学の岡部先生を中心に次世代航空機研究センターが立ち上がった。複合材の機体を開発するための技術を仙台から発信するために取り組んでいる。次世代航空機研究センターについてはこちらから http://www.plum.mech.tohoku.ac.jp/jisedai/information.html

交流会

交流会の様子

(交流会の様子)

講演終了後に実施した交流会では、講師の浅井先生及び地域連携フェローとご参加頂いた地域企業等の皆様と情報交換をしていただきました。

今後のセミナーに関して

今後も寺子屋せんだいでは様々なテーマを設定して実施して参りますので、ぜひご参加ください。
寺子屋せんだいや本セミナー内容などについてのお問合せは下記までご連絡下さい。

公益財団法人仙台市産業振興事業団
地域産業振興部 新事業推進課 西
〒980-6107 仙台市青葉区中央1-3-1AER7階
TEL:022-724-1212 FAX:022-715-8205
E-mail:shiencenter@siip.city.sendai.jp