産学連携セミナー 第86回寺子屋せんだい
「エネルギーを『集めて』『貯めて』『運んで』『活かす』技術」

セミナー

寺子屋せんだいは、大学や高専の先生等を講師にお迎えし、最先端の技術や産学連携の事例などを、分かりやすく話題提供いただくセミナーです。
今回は、エネルギーを「集めて」「貯めて」「運んで」「活かす」技術と題しまして、東北学院大学工学部 機械知能工学科 教授 星 朗 様にご講演頂きます。是非お気軽にご参加ください。

セミナーリーフレット

概要

このセミナーはこんな方におすすめです!
「エネルギー関連の事業等に興味・関心がある方」
「自社製品・商品を開発したい方」
「大学の先生等や仙台経済圏の企業技術者等とのネットワークを作りたい方」

主催

公益財団法人仙台市産業振興事業団

日時

平成26年6月27日(金)18時00分~
(1時間程度の講演終了後、先生方を交えた交流会を行います)

場所

公益財団法人仙台市産業振興事業団 7階会議室
【アクセスマップ】

講師

星 朗 氏

東北学院大学 工学部 機械知能工学科 教授 星 朗 氏

【専門分野】熱工学,エネルギー工学
【略歴】
1987年3月 岩手大学大学院工学研究科機械工学専攻修了
1987年4月 高砂熱学工業株式会社
1990年4月 一関工業高等専門学校機械工学科 助手
1996年4月 東北大学工学部機械航空工学科 助手
1997年4月 東北大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻 助手
2002年4月 一関工業高等専門学校機械工学科 助教授
2003年5月 豪州シドニー大学客員研究員
2007年4月 一関工業高等専門学校機械工学科 教授
2013年4月 東北学院大学工学部 教授

セミナー概要

現代社会には低温排熱が散在しており、回収して電力などに変換することができれば、創エネルギーに大きく貢献できます。具現化にあたっては、未利用エネルギーを供給する産業界と、大半を受ける民生分野との受け渡しの時間・場所・質・量で見られるミスマッチを技術的に解消することが必要になります。
これまで、エネルギー・環境問題の解決策を工学的見地から見つめ、持続可能エネルギーをベースとした新しいシステムの提案を行ってきました。本セミナーでは、太陽エネルギー利用(集める)、潜熱エネルギー貯蔵技術(貯める)、自励振動ヒートパイプ(運ぶ)、木質系バイオマスエネルギー有効活用(活かす)などに関する取り組みを紹介します。

定員

40名(先着順)

参加費

1,000円(当日お支払いいただきます)

申し込み締切

平成26年6月24日(火)まで

申込方法

「第86回寺子屋せんだい申込」と明記し、氏名・所属団体名・部署(役職)・メールアドレスを明記の上、メールかFAXでお申し込みください。(様式自由)
※ お申込でご記入いただいた個人情報につきましては、当該セミナーの受講者名簿の作成および受講または受講後のフォローアンケートに関する連絡のほか、公益財団法人仙台市産業振興事業団および仙台市主催の各事業情報提供の目的のみに使用いたします。

問い合せ・申し込み先

公益財団法人仙台市産業振興事業団
地域産業振興部 新事業推進課 望月・西
〒980-6107 仙台市青葉区中央1-3-1AER7階
TEL:022-724-1212 FAX:022-715-8205
E-mail:shiencenter@siip.city.sendai.jp



こちらもおすすめ