産学連携セミナー「第85回寺子屋せんだい」実施報告
地域「Natural」産業の今後の在りようを考える

今回の寺子屋せんだいは『地域「Natural」産業の今後の在りようを考える』というテーマで実施し、仙台市地域連携フェローである宮城大学 鈴木康夫先生より、人工埋もれ木やサメ、米油、魚粉等の産学連携による地域企業の取組事例を踏まえ、地域「Natural」産業の未来についてご講演いただきました。

会場の様子
(会場の様子)

概要

日時

平成26年5月30日(金)18時00分~20時40分

場所

公益財団法人仙台市産業振興事業団 7階会議室

講師

宮城大学 地域連携センター 教授 鈴木 康夫 氏

(鈴木先生によるご講演の様子)
(鈴木先生によるご講演の様子)

セミナー内容の抜粋

・成長重点分野であるグリーンイノベーション、ライフイノベーションに「農」、「食」を加えたナチュラル・イノベーションを提案している。東北をその推進モデルとしたい。
・例えば、青森では「あおもり藍」のブランド力強化のため関連産業、農業、大学等が連携し地域ブランドづくりに取り組んでいる。
・イノベーション力、ブランド力の強化、共に産官学(地域や分野)の枠を超えたコラボレーションが不可欠であり、本地域において大学等の技術を活かして付加価値の高い地域「Natural」産業の取組みを進めていきたい。

交流会

講演終了後に実施した交流会では、講師の鈴木先生及び地域連携フェローらとご参加頂いた地域企業等の皆様と情報交換をしていただきました。

交流会の様子
(交流会の様子)

今後のセミナーに関して

寺子屋せんだいでは様々なテーマを設定して実施して参りますので、ぜひご参加ください。
なお、次回は6月27日(金)18時00分~、東北学院大学 星先生から「エネルギーを『集めて』『貯めて』『運んで』『活かす』技術」と題しまして、ご講演いただきます。
詳細はこちらをご確認ください。

また、寺子屋せんだいや本セミナー内容などについてのお問合せは下記までご連絡ください。

公益財団法人仙台市産業振興事業団
地域産業振興部 新事業推進課 望月、西
〒980-6107 仙台市青葉区中央1-3-1AER7階
TEL:022-724-1212 FAX:022-715-8205
E-mail:shiencenter@siip.city.sendai.jp