産学連携セミナー「第89回寺子屋せんだい」実施報告
地域産学官連携成功の秘訣

今回の寺子屋せんだいは「地域産学官連携成功の秘訣」というテーマで実施し、東北大学大学院工学研究科 機械システムデザイン工学専攻 教授で仙台市地域連携フェローである堀切川 一男先生より、これまでの堀切川先生の産学連携事例などやご自身の経験などに基づいた地域産学連携成功の秘訣などを中心にご講演いただきました。

会場の様子
(会場の様子)

概要

日時

平成26年9月22日(月) 18時00分~20時45分

場所

公益財団法人仙台市産業振興事業団 7階会議室

講師

東北大学大学院工学研究科 機械システムデザイン工学専攻 教授 堀切川 一男氏(仙台市地域連携フェロー)

(堀切川先生によるご講演の様子)
(堀切川先生によるご講演の様子)

セミナー内容の抜粋

・これまで受けた技術相談件数はおよそ9,000件で、開発した開発製品化件数は81件におよぶ。ほとんどが中小企業等の連携によって生まれた製品である。
・産学連携を進めるにおいて、実効性がある、雇用につながる、新事業の事業化につながるような地域産学連携モデルを今後の日本の産業のために作らなければならないと考えている。そうした気持ちから仙台市地域連携フェローとして、地元の中小企業を応援する御用聞き型企業訪問事業の活動をしている。
・地域連携フェロー活動を行うにあたって「時間とお金をかけずに、地域企業との開発・実用化を達成すること」をミッションとしている。
・産学連携のこだわりとして「ミニマム目標の設定」がある。開発の志が高すぎると予期せぬ壁にぶつかる回数が多くなる。どこまで低くてもこれまでに無い製品を出すことにこだわっている。製品として出した後にお客様のニーズに合わせて引き上げていく。産学官連携においては、「『のびしろ』の大きい製品ほど将来性のある良い製品」という意識が無いと上手くいかないと考えている。

交流会

講演終了後に実施した交流会では、講師の堀切川先生及び地域連携フェローらとご参加頂いた地域企業等の皆様と情報交換をしていただきました。

交流会の様子
(交流会の様子)

今後のセミナーに関して

寺子屋せんだいでは様々なテーマを設定して実施して参りますので、ぜひご参加ください。
また、寺子屋せんだいや本セミナー内容などについてのお問合せは下記までご連絡ください。

公益財団法人仙台市産業振興事業団
地域産業振興部 新事業推進課 望月、西
〒980-6107 仙台市青葉区中央1-3-1AER7階
TEL:022-724-1212 FAX:022-715-8205
E-mail:shinjigyo@siip.city.sendai.jp