ホーム > 新事業を展開したい > 産学連携支援 > 寺子屋せんだい

産学連携セミナー「第91回寺子屋せんだい」
『新しい経験の原型というイノベーション』

寺子屋せんだいは、大学や高専の先生等を講師にお迎えし、最先端の技術や産学連携の事例などを、分かりやすく話題提供いただくセミナーです。
今回は『新しい経験の原型というイノベーション』と題しまして東北大学大学院 経済学研究科 教授 権 奇哲 氏にご講演頂きます。是非お気軽にご参加ください。

概要

このセミナーはこんな方におすすめです!
  • 自社製品・商品を開発したい方
  • 大学の先生等や仙台経済圏の企業技術者等とのネットワークを作りたい方

日時

平成26年12月19日(金)18時00分~
(1時間程度の講演終了後、先生方を交えた交流会を行います)

会場

公益財団法人仙台市産業振興事業団 7階会議室
アクセス

講師

講師

 (講師の 権 奇哲 氏)

東北大学大学院 経済学研究科 教授
東北大学 地域イノベーション研究センター 総括プロデューサー
権 奇哲 (コン キチョル) 氏

  • 【略歴】
  • 1978年 慶熙(キョンヒ)大学校政経大学経営学科卒業
  • 1985年 同大学校大学院経営学科修士課程修了
  • 1987年 一橋大学商学部研究生として来日
  • 1990年 同大学大学院商学研究科修士課程終了
  • 1993年 同大学大学院商学研究科博士課程・単位取得退学
  • 1994年 東北大学経済学部助教授
  • 2000年 同大学大学院経済学研究科教授就任
  • 2005年 東北大学大学院経済学研究科・地域イノベーション研究センター・総括プロデューサー就任

参加費

1,000円(当日お支払いいただきます)

定員

40名(先着順)

内容

「明日の事業をどう創るか」という課題は、すべての企業の最重要課題です。従来、イノベーション戦略として、新技術開発を重視する「技術中心発想」や既存ユーザーの声や行動に応える「ユーザー中心発想」が重視されてきました。しかし、企業や地域産業の競争優位の源泉として最も重視すべきことは、世界が感動をもって歓迎するような新しい経験を提案することです。講演では、「デザイン発想」のイノベーション戦略に基づいて、競争力の新しい源泉として経験デザイン能力の重要性を提案し、「新しい経験の原型を提案する」というイノベーションについて紹介します。

チラシはこちらからダウンロードできます

申込方法

下記のフォームからお申込みください。
申し込みフォーム

上記以外の申込方法

「第91回寺子屋せんだい申込」と明記し、氏名・所属団体名・部署(役職)・メールアドレスを明記の上、メールかFAXでお申し込みください。(様式自由)
※ お申込でご記入いただいた個人情報につきましては、当該セミナーの受講者名簿の作成および受講または受講後のフォローアンケートに関する連絡のほか、公益財団法人仙台市産業振興事業団および仙台市主催の各事業情報提供の目的のみに使用いたします。

申込締切

平成26年12月16日(火)まで

お問い合わせ先・お申込み先

公益財団法人仙台市産業振興事業団
地域産業振興部 新事業推進課 望月、西
〒980-6107 仙台市青葉区中央1-3-1AER7階
TEL:022-724-1212 FAX:022-715-8205
e-mail:shinjigyo@siip.city.sendai.jp


こちらもおすすめ!


最新イベント情報は「せんだいE企業だより」で!

登録された方には、当事業団をはじめとして各産業関係団体が行う支援施策の最新情報などをタイムリーに無料でお届けします。情報の取得方法はメールマガジン、Twitter、Facebookからお選びいただけます。

メールマガジン

リーフレット
配信停止
バックナンバー

Twitter


閲覧はこちら