ホーム > 新事業を展開したい > 産学連携セミナー「第95回寺子屋せんだい」

産学連携セミナー「第95回寺子屋せんだい」
『電子機器の安全性を保つためのノイズ対策』-電子機器が他の機器を妨害する!?ノイズ発生の原因とその対策について-

寺子屋せんだいは、大学や高専の先生等を講師にお迎えし、最先端の技術や産学連携の事例などを、分かりやすく話題提供いただくセミナーです。
今回は、『電子機器の安全性を保つためのノイズ対策』と題しまして東北学院大学 工学部 電気情報工学科 教授 嶺岸 茂樹 氏にご講演いただきます。是非お気軽にご参加ください。

このセミナーはこんな方におすすめです

  • 過去にノイズによる誤作動が発生したことがあり、対策を行いたい方
  • 電子機器から発生するノイズの影響について知りたい方
  • 大学の先生等や仙台経済圏の企業技術者等とのネットワークを作りたい方
講師

(講師の 嶺岸 茂樹 氏)

日時

平成27年6月5日(金)18時00分~
(1時間程度の講演終了後、先生方を交えた交流会を行います)

会場

AER7階(公財)仙台市産業振興事業団 会議室(仙台市青葉区中央1-3-1)
アクセス

講師

東北学院大学 工学部 電気情報工学科
教授 嶺岸 茂樹 氏

1981年東北学院大学大学院工学研究科博士後期課程修了。1999年に当科教授に就任し、現在に至る。宮城県技術アドバイザー、日本学術会議電気電子工学委員会委員、電気学会電磁環境技術委員会調査専門委員長等を歴任。電子情報通信学会活動功労賞、EMC2009/Kyoto Meritorious Deed Award、IEEE Certificate of appreciation for contribution を受賞。電気学会上級会員。工学博士。

参加費

1,000円(当日お支払いいただきます)

定員

40名(先着順)

内容

パソコンや電気モーター、工作機械など、電子機器の高性能化・高機能化によって快適な暮らしが実現されている一方で、それらの機器から発生するノイズ(不要電波)による他の電子機器の誤動作や、内部回路の干渉による影響が多数報告され、問題になっています。今回の寺子屋せんだいは、東北学院大学の嶺岸先生をお迎えし、電波の基礎からノイズ対策のポイントなどについてご紹介します。

チラシはこちら

過去の開催報告はこちら

申込方法

お申し込みはこちらから

上記以外の申込方法

「第95回寺子屋せんだい申込」と明記し、氏名・所属団体名・部署(役職)・電話番号・メールアドレスを明記の上、メールかFAXでお申し込みください。(様式自由)
※お申込でご記入いただいた個人情報につきましては、当該セミナーの受講者名簿の作成および受講または受講後のフォローアンケートに関する連絡のほか、公益財団法人仙台市産業振興事業団および仙台市主催の各事業情報提供の目的のみに使用いたします。

申込締切

平成27年6月2日(火)

お問合せ

公益財団法人仙台市産業振興事業団
地域産業振興部新事業推進課 担当:吉田・望月
TEL: 022-724-1212 FAX : 022-715-8205
E-mail: shinjigyo@siip.city.sendai.jp