農商工連携

農業者と商工業者等の連携による新商品・サービスの開発・販売促進等への支援、農業者の生産及びその加工又は販売を一体的に行う6次産業化の支援等を行う他、農商工連携に関するイベントやセミナーを行います。

食のビジネス推進事業

地産地消促進・生産技術等向上支援事業

  • 地産地消PR事業
    地産地消に意欲のある消費者・生産者・販売店・飲食店等を登録し、地産地消関連の情報提供や見学会等を行います。
    仙台市地産地消推進サポーター「ココサポ」募集
  • 営農指導連絡会
    農業者が直面する営農に関する問題点を整理、把握し、JA及び県と役割を分担しながら、一元化した指導を実施するため「仙台市営農指導連絡会」を設置。その事務局の業務として、日程調整、会議の案内、資料作成を行います。
  • 米オーナー事業
    農業者と市民との交流、農業者が直接米を販売する機会を創出し所得向上を図るため、農業者と連携し、米オ-ナー事業を実施します。
    「米オーナー」
  • 農業サポーター庶務
    農業の担い手不足を解消するため、繁忙期に農作業を手伝う人(非農家)を養成するための実践・基礎知識を学ぶ講座を開催します。。
    農業サポーター養成講座「せんだい農楽校(のうがっこう)」

ビジネス開発ディレクター(農商工連携事業担当)の紹介

大林 ゆき子(おおばやし ゆきこ)

ビジネス開発ディレクター情報処理プロジェクト主任プログラマーを経て、総務省委託プロジェクトに参画。その後独立し、中小企業のIT化、地域資源活用、創業・第2創業支援等を手掛ける。現在は調査役シニアアナリストとしてマーケティング会社とビジネスパートナー契約。平成17年5月から3年間、仙台市経済局農林部アグリビジネスコーディネーター、平成22年4月より3年間、当事業団の窓口相談員を務める。

【専門分野】
・農林水産業の商品開発、ブランド化支援
・サービス業、飲食業、流通業等の経営戦略
・マーケティング支援(市場調査、顧客満足度分析)

《一言メッセージ》
丹精込めて作った農産物の価値をお客様にしっかりと伝え、作る人・届ける人・食べる人を結ぶ、仙台らしい農業ビジネスを一緒に考えていきましょう。

庄司 和弘(しょうじ かずひろ)

ビジネス開発ディレクター「企業・人材の『夢と希望の未来』創造パートナー」を活動理念とし、中小企業はもちろん、起業家のインキュベーション、農業者の6次産業化、農商工連携、障害者の所得向上のための新商品開発や販路開拓等、真摯に課題可決に取り組む姿勢を持つ事業者が「次の一歩を踏み出せる深く・丁寧な関わり」をモットーに活動している。

【専門分野】
・総務省内閣府 食の6次産業化プロデューサー レベル4
・農林水産省 認定食農連携コーディネーター
・農林水産省 6次産業化ボランタリープランナー

《一言メッセージ》
お客様と接する事で、商品が磨かれ、事業が成長する。この基本原則にしっかりと向き合う農業をサポートさせて頂きます。


お問い合わせ

地域産業振興部 新事業推進課
TEL 022-724-1212
FAX 022-715-8205
E-mail:shinjigyo@siip.city.sendai.jp